「年金は減らされたのに負担は増えるばかり」「給料が上がらず、暮らしが大変」ー地域をまわると不安と怒りの声であふれています。

 

 こんな時に消費税をさらに10%にあげようとする安倍政権の姿勢は許されません。また安倍政権は集団的自衛権の行使容認を「閣議決定」しました。若い世代を戦場に送り込もうとする「戦争する国」づくりをなんとしてもやめさせたいと考えています。


 私は一宮市議会議員を4期16年つとめ、国保税の減免、i-バスの路線拡充など、市民と一緒に政治を動かし、繊維のセーフガードを国に要請してきました。国民のみなさんの生活を守る仕事を今度は国会で行い、子どもからお年寄りまで暮らしやすい社会にしたい思いでいっぱいです。安倍政権の政治力を合わせてご一緒にを終わらせ、国民の声が届く政治に変えましょう。

 ご支援よろしくお願いします。